2019DCL西カリブ航路+WDW

【WDW旅行記】ハリウッド・スタジオでグリーティングしたら推しグッズの大切さを再認識した話

ディズニークルーズライン西カリブ7泊の旅、下船後に向かったウォルト・ディズニー・ワールドのハリウッド・スタジオでのキャラクターグリーティングのお話です。

スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジでミレニアム・ファルコンを操縦した話はこちら。

【WDW旅行記】『スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ』でミレニアム・ファルコン号を操縦した話...

 

 

レッド・カーペット・ドリームでミキミニグリ

ハリウッド・スタジオ含め、WDWでは屋内外問わずいろいろなグリーティングが行なわれていますが、公式アプリで誰がいつどこでグリーティングしているかがわかるようになっています。

 

今回は半日しか遊べないのであまり多くはグリーティングできなかったのですが、『Mickey and Minnie Starring in Red Carpet Dreams』というミッキーとミニーのグリーティング施設に行ってきました。

入口にあるポスターが動画になっててかわいいです。

 

ドレッシーなミニーちゃん

建物の中に入ったらすぐにミニーちゃんが待っています。

入ったらすぐにグリーティング開始なので、待っている間にカメラの設定をしておきましょう。

こちらのミニーちゃんはシンプルな白のドレス姿です。

クルーズで会った孔雀ドレスもデザインが凝ってて素敵でしたが、シンプルなドレスもかわいい。

 

ちなみにクルーズの孔雀ドレスのミニーちゃんについてはこちら。

【DCL西カリブ旅行記】セミフォーマルのグリーティングでキレッキレのデイジーに会えました...

 

かなりテンション高めのミニーちゃんで、私の順番が来たらぴょんぴょん飛び跳ねて迎えてくれました。

ミニーデザインのカチューシャをしてたり初WDWであることを伝えていたので、かなり喜んでくれました。ずっとキャピキャピしててめちゃくちゃかわいい。

ツーショットを撮り終わった瞬間に私のカチューシャが落ちそうになったので付け直してくれたのもうれしい思い出です。

ちなみにここのミニーちゃんはTwitterやブログを見ているとゲストが持っていたライトセーバーで遊んでみたり、けっこうゲストの持ち物を使ってグリーティングをしてくれることが多いみたいなので、なにかしらキャラクターグッズを持っていくとより楽しいグリーティングができそうです。

 

魔法使いの弟子姿のミッキー

ミニーちゃんとのグリーティングが終わったら、次の部屋にミッキーが待っています。

ミッキーは日本でのミッキーの家とミート・ミッキーでおなじみの、『ファンタジア』の魔法使いの弟子の衣装です。

帽子のデザインがちょっとちがいます。

ぬいもーずのミッキーを持って行ってたので、ミニーちゃんに続いてミッキーもとっても喜んでくれました。

日本だとゲストの持ち物をキャラクターが使うということはできませんが、逆に海外パークはゲストの持ち物を積極的に使ってくれるので、持っていけるものは持って行った方が得ですね。

 

ハリウッド&バインでハロウィーングリーティング

続いて予約しておいたブッフェレストラン『ハリウッド&バイン』に向かいます。

ハリウッド&バインのディナータイムは『ミニーのシーズナルダイニング』というキャラクターダイニングが行なわれており、シーズンごとにキャラクターの衣装が変わります。

私達が行った9月はハロウィーンの衣装でした。

 

まずは入口でミニーちゃんグリ

ハリウッド&バインでのグリ―ティングは、基本的には日本のシェフ・ミッキーと同様にキャラクターがゲストのテーブルを回ってくるというものですが、ミニーちゃんだけは入口近くにあるフォトスポット的な場所に固定でした。

(固定キャラはシーズンごとに異なるみたいです)

 

受付の際に渡されるグリーティングチケットを好きなタイミングで提示して、1回だけグリーティングできます。

私達は料理をとりに行く前に、最初に行っておきました。

ミニーちゃんの衣装も私の服装も緑多めだったのでお揃いっぽい雰囲気が出ててうれしい。

他のキャラクターも全体的に緑多めの衣装だったので、緑色の服が着てると写真を見返したときに楽しいのでおすすめです。

クルーズのハロウィーンナイトでは紫ベースの魔女っ子衣装でしたが、ハリウッド&バインではオレンジと緑ベースの魔女っ子衣装です。

ところどころにある蜘蛛デザインがアクセントになっててかわいい。

クルーズのハロウィーン衣装についてはこちら。

【DCL西カリブ旅行記】ツタンカーメングーフィーを追いかけるハロウィーンナイトのはじまり...

 

席に最初に来てくれたのはデイジー

料理をとりに行ってしばらくすると、順番にキャラクターがやってきます。

私達のテーブルに最初に来てくれたのはデイジーでした。

ミニーちゃんと衣装の色合いがちょっと似てるのですが、リボンの紫とアイシャドウの紫の色が合ってたり黒レースの手袋?をしていたり、ちょこちょこデザインの違いがあるのがまた良いです。

余談ですが、席と席の間の感覚が狭いのでツーショット撮るのはけっこう大変でした。

単焦点レンズを使う人は30mm以下のやや広角のものの方が良いかも。

博士風衣装のドナルド

つづいてやってきたのはドナルドです。

2018年までドナルドのハロウィーン衣装は宇宙飛行士の恰好だったのですが、私が行った2019年はマッドサイエンティストっぽい衣装に変更になっていました。

白衣に謎の数式がたくさん書かれていておもしろいです。

おばけやフラスコの絵がゆるい。笑

一緒に行った友達が二人ともドナルド好きだったため、必然的にドナルドグッズがたくさんテーブルに並んでいたので終始テンション高めのドナルドでした。

このツーショットめちゃくちゃ楽しかった。

 

ミッキー登場

3番目にやってきたのはミッキーです。

ハリウッド&ダインのハロウィーン衣装はみんな共通して蜘蛛がついてますが、ミッキーの衣装はベストに刺繍されててかわいい。

上の写真だとハロウィーン要素が胸元とベストの蜘蛛くらいですが、よーーく見るとコウモリ風マントになってます。

クルーズに比べるとハロウィーン要素はおとなしめでした。

 

最後はウエスタン風グーフィー

最後にグーフィーがやってきました。

ウエスタン風衣装ですが、ところどころに他のキャラクター同様に蜘蛛デザインが入ってます。

 

グーフィーオタクにあるまじきことなのですが、グーフィーのぬいぐるみをホテルに置いてきてしまったので、グーフィーグッズが日本語でグーフィーと書かれたTシャツのみになってしまい、だれもグーフィー推しがいないように見えてしまって憤慨させてしまいました…。

日本語だけどちゃんと書いてるよ!グーフィーが一番好きだよ!と弁解したら機嫌直してくれました。

いついかなるときも、グリーティングするならわかりやすい推しグッズは必須であると悟りました。

次回以降の教訓にします。笑

 

余談ですが、ミニーのシーズナルダイニングに行くとお菓子がもらえます。

 

グリーティングを満喫した後は、ハリウッド・スタジオを選んだ3つ目の理由である、『ファンタズミック!』を見に行きます。

【WDW旅行記】本場の『ファンタズミック!』を観たら日本版との違いが楽しかった話...

 
 

\ランキング参加中!応援クリックをぽちっとお願いします!/

ブログランキング・にほんブログ村へ