2019DCL西カリブ航路+WDW

【搭乗記】至れり尽くせりのANAファーストクラスで幕を閉じた最高の夏休み

ディズニークルーズライン西カリブ航路7泊の旅もいよいよ帰国日を迎えました。

オーランドからヒューストンを経由して日本に帰ります。

 

 

ほぼ寝ずにオーランド国際空港へ

ホテルから空港への移動は無料シャトルバス『マジカルエキスプレス』を使います。

 

ホテルのフロントで帰りのフライト時間を伝えると、ホテル側で何時のバスを予約するかを決めてくれるのですが、ヒューストンでの乗り継ぎ時間に余裕を持たせるために早めの便を予約していたため、おそろしく早い時間のバスになってしまいました。

 

寝過ごすのが怖すぎてほぼ寝れませんでした…。

日本とオーランドの直行便ができればもっと遅い時間のバスに乗れるのでしょうが、日本人は当分3時、4時くらいのバスに乗らざるをえないのでしょうね。

WDW最終日の夜はあまり睡眠時間は確保できないことを念頭に置いたうえで帰りの準備をしておいた方が良いです。

 

直行便を検討しているニュースもありましたが、2020年以降の新型コロナウイルスの影響で実現しても当分先のことになりそうです。

 

オーランドに別れを告げてヒューストンへ

マジカルエキスプレスはかなり時間に余裕をもって手配されるので、空港に着いてからだいぶ暇を持て余しました。

海外の航空会社は日本と比べて搭乗開始が早いですが、それでも保安検査を終えてから搭乗開始まで2時間ほど時間があり、睡魔との闘いがものすごくつらかったです。

 

オーランド空港にもユナイテッドクラブがあるのでラウンジで時間をつぶすこともできたのですが、ラウンジのような快適な空間に行ってしまうと寝落ちしそうで怖かったので搭乗ゲート近くの椅子で耐えました…。

2時間耐え抜いたら搭乗開始。

SFC修行したおかげでスターアライアンスのゴールドメンバーなので、搭乗順が一番最初なのが本当に助かりました。

早々に寝る体制に入れるのがうれしい。窓際の席にしてよかった。

修行して本当によかった……!!

搭乗開始から約30分後にオーランド空港からヒューストンにむけて出発です。

憧れのオーランドを離れるのは名残惜しいですが、絶対また来て今度は一週間WDW満喫するから…!!と誓って、オーランドとはお別れです。

 

 

ヒューストンのポラリスラウンジ

2時間半ほどのフライトを経て、ヒューストンのジョージ・ブッシュ・インターコンチネンタル空港に到着です。

多少は寝れましたがまだ眠いです。

 

復路では荷物のピックアップは必要ないので、保安検査だけ受けたら成田行きの便の搭乗ゲートを確認します。

何人か日本人がいましたが、搭乗時間までまだまだ時間があるので、今度はラウンジに行ってみます。

復路はファーストクラスなのでユナイテッドクラブではなくポラリスラウンジが使えますが、搭乗ゲートのあるターミナルにはないので歩いて隣のターミナルに移動します。

往路でまちがって入ってしまったポラリスラウンジにリベンジです。

ユナイテッドクラブより洗練されている感じがします。

ちなみに往路の乗り継ぎの際に利用したユナイテッドクラブについてはこちらの記事で少しだけ書いてます。

【DCL西カリブ旅行記】ANAビジネスクラスで憧れの地オーランドへ!...

 

午前中という時間もあるのでしょうが、ユナイテッドクラブはかなり人が多かったのに比べてポラリスラウンジは利用客が少なくて静かな空間でした。

窓からはユナイテッド航空の機体がずらりと並んでいるのが見えます。

ラウンジに入ってすぐのところにあるソファ席に座りましたが、飲み物がすぐ近くにあって便利。

大理石っぽい壁とランプやコーヒーメーカーのステンレスの感じがなんだか都会的です。

奥のほうに行くとスコーンやクラッカー、チーズ、フルーツ等の軽食コーナーがあります。

最初軽食コーナーがどこにあるのか全然わからなくて、めっちゃキョロキョロしてしまいました。

ファーストクラスで機内食をたらふく食べたいのでちょこっとだけいただきました。

ポラリスラウンジはユナイテッドクラブと比べると高級感がある空間ですが、やっぱりファーストクラスに乗るなら羽田や成田のラウンジで最大限サービスを受けたい欲が出てしまいます。

次にファーストクラスを予約するときは往路にするぞ…!!

 

ANAファーストクラスで帰国の旅

緊張しながら人生初ファーストクラスへ

ラウンジでコーヒーをちびちび飲んで時間をつぶしていましたが、搭乗時間が近づいてきたのでラウンジを後にします。

とうとうファーストクラスに乗る時が来た…と緊張しながら搭乗時間を待ちます。

(ちなみになぜかチェックインがうまくいってなくて搭乗前に呼び出されました…。)

 

そしていよいよファーストクラス搭乗の時!

Twitterでよく見るやつ!!

ビニール袋の中にファーストクラス搭乗記でよく見る、離陸前にお着替え案内されるパジャマやカーディガンが入ってます。

 

ちなみにこの日のファーストクラスは8席中4席が埋まっていました。

2席使わせてくれたりするのかしら…と期待してましたが、そんなことはありませんでした。笑

席に着いて必要な荷物を出したりしていたら、CAさんからご挨拶。

そしてファーストクラスの通過儀礼、パジャマへのお着換えタイムです。

 

日本人女性の平均体型の私には若干大きいパジャマに着替えたら、心置きなくファーストクラスの備品チェック。

ファーストクラスのアメニティは往路のビジネスクラスと同じくグローブトロッターのポーチですが、こちらの方が作りがしっかりしてます。

往路は水色で復路は青だったのですが、青系の色が好きなのでうれしい♪

中はTHE GINZAのスキンケアや歯磨きセットや耳栓など。

いまだにこのポーチを普段何に使えばいいかわかりません。

ヘッドホンはソニーのノイキャン。映画も快適に観れます。

機内Wi-Fiの無料券もいただきました。

100MBまでなのですぐに使い切ってしまいますが。

 

ウェルカムドリンクはお酒弱いのでオレンジジュースをお願いしました。

ファーストクラスやビジネスクラスに乗ると、毎回お酒弱いのが悔やまれます。

(どれくらい弱いかと言うと、顔が赤くなるの早すぎて初めて親の前でお酒飲んだ時に爆笑されるくらいです。)

ファーストクラスの搭乗が始まってから離陸まではたっぷり時間があるので、ドリンク飲みつつシートガイドを熟読します。

いろんな収納やスイッチがあるのでシートガイドを見ながら自分のシートをきょろきょろ見るのですが、この時間がけっこう楽しかったです。

離陸までの時間も楽しいですが、ついに離陸!

未知のファーストクラスでの時間を楽しみにして、1週間楽しみ尽くしたアメリカともお別れです。

 

ファーストクラスの機内食

離陸からしばらく経つと、お待ちかねの機内食です。

まずテーブルがきれいすぎてスマホが反射しております。

しっかりした冊子の中に飲み物メニューと食事メニューが入ってます。

 

ソフトドリンク一択なのでお酒を飲む人に比べると選択肢が狭まりますが、大好きなかぼすジュースや期間限定のマップルジュースがありました。

お茶もいろいろ種類があります。

 直前まで悩みましたが和食にしました。 

 

まずは和食・洋食共通のアミューズから。

一口で食べられるサイズですが、ローストビーフはやっぱりおいしいです。

 

アミューズの後はお盆が登場して、先附と前菜がやってきました。

味はもちろん見た目も秋を感じるメニューで、ちょこんとした盛り付け方もかわいくて、おしゃれすぎて飛行機の中ということを忘れそうになります。

 

料理をパシャパシャスマホで撮ってたらCAさんが写真撮ってくれました。

リラックスできるパジャマを着て空の上でCAさんの至れり尽くせりのサービスを受けながらのおいしいフルコース、マイルで乗ってるのにこんな良い思いをして大丈夫なのか…と思いつつ、パジャマ姿でコース料理を食べられるなんて地上ではそうそうないので、むしろ飛行機だからこそ味わえる時間です。

マイルってすごいなぁ。

 

汁物は上品な味の鴨葛打ち。蓋の外し方までおしゃれ。

あまり汁物にこだわりがある人間じゃないのですが、一週間アメリカの料理を食べ続けていたのでほっとします。

 

そして大好きなお刺身!!

普段からお刺身やお寿司は大好きですが、久しぶりのお刺身の美味しさは格別です。

 

そしていよいよメインです。

主菜のぶりの西京焼きはもちろん、小鉢の胡桃豆腐がめちゃくちゃ美味しかった~。

派手な食事ではないけれど日本人としてほっとするお料理の数々、お腹いっぱいだけど決してお腹がはちきれるというほどではなく、私にとってはとても満足のいく量と味でした!

 

最後のデザートは羊羹と日本茶。やはり落ち着く~~~。

 

羊羹は「丹波みくまり 抹茶」という名前だったのですが、調べたらオンラインで買えるみたいです。

 

快適すぎる広々フルフラット

おいしいフルコースをたらふく食べた後は、トイレに行っている間にCAさんがベッドメイキングをしてくれました。

まじでただのベッド…。

 

ビジネスクラスもフルフラットですが、寝返りをうつのはちょっと難しいかな、と感じるくらいの幅でした。

一方でファーストクラスは普通のシングルベッドくらいの広さがあるので、自宅で寝るのと同じような感覚で快適に眠ることができます。

 

ちなみに私は今回の旅でフルフラットシートで眠るという体験をしたことによって、仰向けの体勢だと寝付きが悪いという気付きを得ました。

エコノミークラスや車で寝ようとするとどう頑張ってもうつ伏せになれないので眠りが浅くなりがちだったのですが、ビジネスクラスでうつ伏せに寝たら割と熟睡できました。

乗り物に乗りながらだと寝付きが悪い方は同じ理由の人もいるかもしれませんので、ビジネスクラスやファーストクラスに乗る機会があったらぜひうつ伏せで寝ることも試してみてください。

(単純に普段寝てるベッドや枕じゃないと寝れないという方もいると思うので、効果なかったらごめんなさい)

 

起床後も好きなものを好きなだけ食べまくる

寝返りうち放題のファーストクラスで5~6時間ほど熟睡した後、私が起きていることに気づいたCAさんが軽食の案内をしてくれたので、まずは軽くフルーツからお願いしました。

CAさんが来てくれるのも早すぎず遅すぎずの絶妙なタイミングで、ファーストクラスを任されるCAさんのホスピタリティはすごいなぁと感心しきりでした。

気遣いとかめちゃくちゃ苦手な人間だからめっちゃ尊敬する…。

 

フルーツもいただいて頭が働いてきたところで、本来はファーストクラスらしくおしゃれな朝食をいただきたいところなのですが、反対側の窓際の席にいた男性が一風堂ラーメンを食べているのを見て無性にラーメンが食べたくなってしまったので、ビジネスクラスでも食べられるラーメンを頼んでしまいました。

だってだってラーメン大好きなんだもん…。(´・ω・`)

次にファーストクラスに乗った時はおしゃれな朝食を食べようと心に決めましたが、ひさしぶりのラーメンはめちゃくちゃ美味しかったです。

ちなみに私は一風堂のラーメンを地上で食べたことはありません。笑

 

ラーメン完食後は映画を観たり音楽きいたりファーストクラスの快適な空間を満喫しましたが、着陸時間が近づいてきました。

ファーストクラスは自宅のベッドに近い感覚で眠れるので寝不足になることがないのはとても良い点なのですが、あまりにも爆睡すると起きてファーストクラスのサービスを受けられる時間が減ってしまうというのが、当たり前なのですが悔しい点です。

 

ファーストクラス最後の食事はお茶漬けをいただきました。

復路のファーストクラスで素晴らしいサービスと久しぶりの日本食が味わえて、ほっとするひとときでした。

ディズニークルーズのディナーは毎日レストランも料理もコンセプトも変わっていたので日本食を恋しく思うヒマもなかったのですが、無意識に恋しく思っていたのかもしれません。

 

初めてのファーストクラスに乗ってみて

マイルを貯めていなければ一生縁がなかっただろうファーストクラス。

もともと今回の旅行でも往復ビジネスクラスで行くつもりが、ビジネスの空きがなくてファーストクラスの空きがあったという経緯があり、本当にたまたまファーストクラスを体験することができました。

初めてのファーストクラスで最初は緊張しっぱなしでしたが、CAさんのきめ細かいサービスやおいしい食事、ファーストクラスシートの居心地の良さでとても楽しい時間を過ごすことができました。

着陸後、CAさんから「またぜひファーストクラスにいらしてくださいね」とご挨拶をいただいたのですが、いつになるかわかりませんが次はぜひファーストクラスラウンジもたっぷり満喫できる往路のファーストクラスに乗ってみたいと思っています。

基本的に放置されていた方が快適に思うタイプなのでたくさん乗りたいのはビジネスクラスなのですが、ファーストクラスの完璧なホスピタリティはたま~~~~に体験できたらうれしいなぁ。

 

一週間ぶりの日本

初めてのファーストクラス体験を終えて、成田空港に着くとちょうどフライングホヌがとまってました。

母とビジネスクラスでアウラニリゾートに旅行する計画があるので、ホヌも早く乗りたいです。

 

ヨーロッパやアメリカ路線の一部で導入されているTHE ROOMも乗りたいし、コロナが落ち着いたらたくさんいろんなシートに乗っていろんな国に行けるように、これからもマイル貯めるのを頑張らなければ…。

入国審査前はマリオたちがお出迎えしてくれました。

ただいま!

やっぱり日本語を見ると安心する~~。

ディズニークルーズやWDW、ファーストクラスと初めての経験をたくさんできた、今までで一番楽しかったかもしれない夏休みが終わってしまいましたが、やっぱり長期旅行から帰国すると安心します。

またいつか海外旅行を楽しめる日がくるのを信じて、コロナウイルス収束のときまでは健康に十分気をつけて近場で楽しもうと思います!