【DCL】準備編:クルーズ予約~出発直前までの準備のすべて

DCL乗船にあたってクルーズ予約~乗船直前までに私が行なったクルーズ準備をまとめてみました。

 

ディズニークルーズを予約する

そもそもDCLへの乗船が決まったのはSFC修行解脱直後の4月上旬。

以前香港ディズニーランドに一緒に行ったこともある友達とクルーズ行きたいねーという話をずっとしていて、お互いの仕事の繁忙期や長期休暇をとれる時期を考えて最終的に9月の西カリブ7泊に決めたのでした。

主な情報源はtdrnaviとミッキーネットです。基本情報やクチコミはtdrnavi、航路や値段はミッキーネットで調べました。予約の際もミッキーネットを使いました。

tdrnavi.jpportal.mickeynet.com

 

クルーズまで半年をきっている時期の予約でしたが、ギリギリオーシャンビューの空室が残っていました。DCLの価格は予約時期が遅いほど高くなりますが、以前書いたとおりハリケーンシーズンだったため、20万円以下という7泊にしてはお安いお値段でした。

www.mon24mile.com

 

はじめての特典航空券発券

クルーズの予約をしたら、次は航空券の発券です。西カリブ航路はフロリダのポート・カナベラル発なので、オーランド国際空港行きの特典航空券を発券します。

ポイントサイトでのポイ活やSFC修行で貯まったマイルがあるので、往復ビジネス分のマイルは貯まっている状態でした。

ちなみに一緒に行く友達(陸マイラーではない)にはANAは高いと断られたので、現地集合現地解散になりました。

 

知っている人も多いと思いますが、2019年時点で日本からオーランドへの直行便はありません。

必ずアメリカ国内での乗り継ぎが発生しますが、乗り継ぎ空港で多いのはシカゴ、ヒューストンあたりです。

※余談ですが、東京⇔オーランドの直行便を検討しているという話はあります。

 

オーランドに行くにあたって最大のハードルが乗り継ぎがある=スタアラの特典予約をしなければならないことです。

方法としては以下の2通り。

①日本→乗り継ぎ空港→オーランドをスタアラ特典予約

②日本→乗り継ぎ空港をANA特典予約+乗り継ぎ空港→オーランドを別途有償購入

 

私の場合は半年を切っているという時期的な問題もあり、何度やっても乗り継ぎ空港→オーランドの特典枠が出てこなかったので②の方法をとりました。

乗り継ぎ空港は特典枠の空き状況を見てヒューストンにしました。

当初の計画は往復特典ビジネスでしたが、特典ビジネスの空きが往復ともになかったので往路プレエコ復路ファーストで予約。

まさかのファーストクラスにテンション爆上がりです。

あとはユナイテッド航空のサイトからヒューストン→オーランドの航空券を有償購入して航空券準備は完了!

https://www.united.com/ja/jp/

 

クルーズ前後泊のホテル予約

クルーズ乗船中はもちろん毎日船内の自分達の部屋で寝るわけなので、ホテルを予約する必要はありません。

しかし乗船前日と下船日は各々ホテルを予約しないといけません。

ポート・カナベラル発着のクルーズの場合、宿泊するホテルは以下のとおりとすることが一般的です。

もちろん乗船前にWDWで遊ぶ等、それぞれのプランによって変わります。

・クルーズ乗船前:空港周辺ホテル泊

・クルーズ下船日:WDWのホテル泊

 

クルーズ乗船前

空港周辺に泊まる場合、一番間違いないのがハイアットリージェンシーです。

空港直結なので迷うこともないし、チェックインの際にクルーズ乗船者は港行きのバスに荷物を持って行ってもらえます。

www.expedia.co.jp

いいことずくめのホテルですが、ハイアットですのでお高いです。

ぶっちゃけ前日に寝るだけのホテルに出すにしては少々お高すぎるので、私達は空港の外だけどタクシーで10分圏内のホテルで探して、こちらのホテルにしました。

宿泊代は二人で1万円くらい。送迎バスと朝食付きで部屋も広くて快適でした。

www.expedia.co.jp

利便性を優先するならハイアットですが、前泊ホテルは予算とのバランスも考えて検討すると良いです。

余談ですが、安さ優先で考えていたのでキャンセル料がかかる方のプランで予約したのですが、クルーズ前日にWDWのハロウィンパーティーに行けないかという話になったときに空港周辺→WDW→空港周辺の移動はさすがにきついという理由でハロウィーンパーティー参加を断念した経緯がありました。

仮にキャンセルOKのプランにしていてパークのホテルに変更したとして、移動で疲れている+クルーズ前日にそんなハードスケジュールをこなせるかと言われると自信がないので、結果的には良かったと思っていますが、キャンセル料の有無はよく考えて予約しましょう。

 

クルーズ下船後

クルーズ下船後はWDWと空港それぞれに向かうバスが出ますが、大抵の日本人はWDWに一泊して翌朝の便で帰国します。

WDWには20近い公式ホテルがありますが、寝るだけなので一番安いところで十分ということで、オールスターミュージックに泊まりました。

クルーズ後何日も滞在するなら別かもしれませんが、一泊するだけならオールスターで十分でした。

jp.mickeynet.com

 

アデコとフィッシュエクステンダー

クルーズ、航空券、ホテルと最低限の準備が終わったら、今度は「クルーズをより楽しむための準備」を進めます。

アデコ

DCLの旅行記でよく見るのはアデコです。

ゲスト各々が自分の部屋のドアを自由にデコレーションするもので、ゲスト全員がやるわけではありませんが、7泊以上の長期航路ではドアデコをしている部屋はかなり多かったです。

私は今回が初めてのクルーズだったので比較はできませんが、他の方の旅行記を見ていると4泊以内の短期航路では少ないみたいです。

客室の廊下を歩いているとドアデコしている人は多いですし、なにより見ていて楽しいです。

 

アデコのルールはただ一つ。マグネット以外は使用しないこと。

逆を言えば、マグネットになっていれば何を貼っても良いということになります。

パークで売っているようなマグネットはもちろん、写真やシールを飾りたい場合は100均のマグネットシートに張り付けてマグネットにしてしまえばOK。

 

香港ディズニーランドに行ったときにたくさんもらったステッカーをマグネットシートに貼って、ちまちま周りを切ってマグネットをつくります。

f:id:mon24mile:20200123222636j:image

実際のドアデコはこちら。

f:id:mon24mile:20200123224203j:image

100均で買ったガーランドやリースも使ってハロウィーンっぽく仕上げてみました。

ちなみに100均のハロウィーングッズの発売はかなり早くて、8月中旬頃から売っていました。

f:id:mon24mile:20200123224335j:image

中央に貼っているネームプレート風のものは友達がネットで素材を見つけてくれたもので、自分達の名前を入れたものを印刷してマグネットシートに貼っています。

f:id:mon24mile:20200123224213j:image

マグネットは国内外のパークでも売ってますが、珍しいマグネットだととられてしまうこともあるらしいので何を貼るかはよく考えてドアデコをつくりましょう。

自分の部屋のドアならどこに貼っても大丈夫ですが、下半分に貼ると小さいこどもが間違ってとって行ってしまうこともあるみたいなので、上半分のみに貼るのが無難です。

 

フィッシュエクステンダー 

アデコと比べるとマイナーですが、今回はフィッシュエクステンダーにもチャレンジしました。詳しくはこちら。

www.mon24mile.com

 

ドレスコード対策

ディズニークルーズにはドレスコードがあるので、それぞれに合わせた服装も準備します。詳しくはこちらの記事からどうぞ。

www.mon24mile.com

 

公式アプリのインストールと事前手続きもろもろ

初めてクルーズに乗る場合は75日前からオンラインチェックインとアクティビティの予約が可能になります。

アクティビティの予約を友達にまかせてしまったので詳細をお伝えすることができないのですが、参考にしたサイトのリンクを貼らせていただきます。

次に乗船する機会があればちゃんと自分でまとめたいと思います。。:;(∩´﹏`∩);:

公式アプリのインストール

アプリはクルーズが予約できていればログイン可能なので、早めにインストールしておきましょう。

日本のAppStoreだとインストールできないので、国変更の設定が必要になります。

AppleMusicを契約中だと国変更ができないので、AppleMusic解約→公式アプリインストール→AppleMusic再契約の必要があります。めっちゃ面倒。

インストール手順はWDWアプリと変わらないので、tdrnaviの以下の記事を参考にしました。

tdrnavi.jp

予約済みならログインはできますが、ぶっちゃけ乗船するまではカウントダウン画面を眺めるくらいしかできることがないです。かわいいけど。

f:id:mon24mile:20200125093242j:image

アクティビティの予約をしたら反映されますが、このアプリが真価を発揮するのは乗船期間です。乗船中はすべての予定をこのアプリで管理することができ、同行者や他の客室のゲストともチャットで連絡を取り合うことができます。ちなみにAppleWatch対応アプリなので、目当てのグリーティングの時間が近くなるとAppleWatchにも通知がくるので便利でした。

 

残金の支払いとクルーズ保険加入

クルーズ予約の際に申込金として代金の20%を支払いますが、乗船90日前までにその残金を支払う必要があります。 

このときクルーズ保険に加入するかどうかを決めますが、私達は旅行保険だけで十分だと判断して加入はしませんでした。

クルーズ代金の8%+保険申請手数料25ドルがかかるので、金額とリスクの両方を考慮して加入有無を判断しましょう。ちなみに残金支払い後だと加入できなくなるのでご注意を。

portal.mickeynet.com

 

オンラインチェックイン

初乗船だったので75日前以降に友達の家で一緒に手続きしました。なのでブログ用に操作手順を残すことができず。。(;´∀`)

参考にしたのはこちらのブログです。次に乗船する機会があればこのブログでもまとめたいと思います。

the-team-triton.com

 

アクティビティ予約

アクティビティの予約はオンラインチェックインと同じタイミングで可能になります。

リピーターの方はビギナーの我々より早く予約開始になるので、人気のある以下の予約においてはかなり不利です。

スタートから出遅れているので、受付開始時刻と同時にアクティビティ予約しましょう!

・プリンセスギャザリング(プリンセス4人とのグリーティング)

・フローズン(アナとエルサとのグリ―ティング)

・有料レストラン『パロ』と『レミー』(特にシャンパンブランチは激戦)

 

乗船回数ごとの予約開始時期はミッキーネットに記載があります。

ディズニークルーズもステータス社会です(´_ゝ`)

portal.mickeynet.com

アクティビティ予約は友達に任せてしまったのですが、結果的に以下の予約がとれました。パロのブランチはさすがに無理でした。。(´_ゝ`)

 ・プリンセスギャザリング

 ・フローズン

 ・『パロ』のディナー

プリンセスギャザリングは後からキャンセル拾いが成功した結果なので、最初に予約できなくても諦めずに空きを探せば拾えることもあります。

ちなみにアクティビティ予約には寄港地でのエクスカーションも含まれますが、クルーズ価格だと高いので私達はなにも申し込まず、現地でツアーを探すことにしていました。

 

フォトパス

クルーズのカメラキャストがグリーティングやレストランで撮ってくれる写真を購入する場合は事前購入すると現地購入より15%ほど安くなるので、買うつもりがある方は必ず事前に購入しましょう。

私達は悩んだ結果購入しなかったのですが、船内で写真を確認したらめちゃくちゃ良い写真だったので心底後悔しました。。

かわいいフレームもついてるし、やっぱり良いカメラは違うわ。。:;(∩´﹏`∩);:

(そのカメラキャストに良いカメラだね!って褒められたけど笑)

特に長期航路の場合はぜひ検討してみてください。

私も次に長期航路に乗る機会があれば絶対購入します!

 

ESTAの申請

前回アメリカに行ったのが3年前でESTAの有効期限が切れてしまっていたので再申請。以前は当日申請でも大丈夫でしたが、現在は3日前までに申請しなければいけません。

忘れてしまうのも怖かったので少し早めに3週間前くらいの時期に申請しました。

esta-center.com

みなさんもパスポートとESTAの有効期限の確認は早めにして、期限が切れている場合は忘れずに申請しましょう!

 

出発1か月前に特典ビジネスの空席が出た!!

もろもろの準備を終えて、あとは1週間くらい前に荷造りをすれば完璧だと思っていた出発1か月前のこと。

なんとなくヒューストン行きの特典航空券を検索してみたら、空席待ちだった特典ビジネスに空きがあるではありませんか!! 

 

一人旅ではなく友達との旅行なのでリスクのある空席待ちはせずにプレエコを発券していたのですが、ビジネスで行けるのであれば行きたいです。当然です。

しかも1週間ほど監視し続けても埋まる気配はなく。

念のためプラチナサービスデスクに電話をして、既に発券済みの復路のファーストの空席待ちはこの時点でいないことを確認し、意を決して特典キャンセル→往路ビジネス復路ファーストで取り直しを決行しました。

いくらファーストの空席待ちがいないからといってリスクが0ではないチャレンジですが、結果……

無事に特典航空券取り直しに成功!!!

小躍りする勢いで喜びました。

 

あとは荷造りをしたらいよいよ旅の始まりです!